消滅型生ゴミ処理機・ポイトpoito future-contribution-eco-machine

Poito・消滅型生ゴミ処理機eco-machine

生ゴミを微生物により、水と炭酸ガスへ分解・消滅処理します。

脱・焼却処分でCO2削減にも貢献します。

生ゴミ500kgあたりを焼却処分した場合と対比して92%もCO2削減できます。

カーボンニュートラルの取り組みにも最適な処理方法の消滅型生ゴミ処理機です。

  • ポイトの特長

    ・残留物が気にならない
    ・ニオイが気にならない
    ・ゴミを連続投入っできる
    ・騒音が少ない静音設計
    ・水切り不要手間いらず
    ・場所を取らない省スペース設計
    ・高い耐久性の総ステンレス製

    ポイト機器
  • 微生物の特徴

    ・人と環境に優しく、無害です
    ・高速分解処理します
    ・寿命が長く繁殖力が強い
    ・天然土壌内微生物のため自然生態系に悪影響を与えません
    ・常温菌により処理できるためエネルギーコストが少ない

    ポイト微生物
  • 処理工程・プロセス

    Step①
    生ゴミの投入
    投入された生ゴミは微生物よる分解を促進するために
    散水しながら攪拌されます

    ▼▼▼

    Step②
    攪拌・散水・分解
    バイオ製剤、PP材(ポリプロピレン製部材)のチカラで
    生ゴミの分解が高速に進みます

    ▼▼▼

    Step③
    分解・微粒子化
    微細化された生ゴミは液相処理槽で分解・微粒子化され
    最終的に水と一緒に排出されます

    野菜投入
                                    微生物攪拌
                                    排出水ポイト
  • 仕様・概略図

    処理能力(1日/kg)により
    50kg~500kgと6タイプの形式があります


    本体重量も形式により
    AN-50/170kg~AN-500/2000kgの重量となります

     
    ポイト概略図
                                
  • 投入(処理)できるもの

    野菜類、果物類、魚類、肉類、甲殻類、米類、パン類、
    麺類(パスタ・うどん等)、加工肉類(ハム・ソーセージ等)、
    お惣菜・残飯(揚げ物・焼き物など)

    投入(処理)できないもの
    貝殻、生肉、卵の殻、トウモロコシの皮、天かす、生花、
    茹でる前の麺類・パスタ、牛乳・ヨーグルト、etc
    詳しくはお問い合わせください

                                    
    投入できるもの
                                      
  • 導入事例

    ●フードコート・大型商業施設
    ●食品加工・工場
    ●スーパーマーケットチェーン
    ●社員食堂、etc

    導入事例・CASEはこちらをクリックしてご確認ください。

  • サムネイルをクリックするとサブウインドウで
    拡大された紙面が開きます。

    さくら開発株式会社チラシ(表)

    さくら開発株式会社チラシ(裏)

    Poito(消滅型生ゴミ処理機)の事なら
    正規販売店・さくら開発株式会社へ
    お任せください

    さくら開発株式会社では、Poito導入のご相談・
    お見積り・納入設置・メンテナンス
    から修理に至るまで、お客様の要望に応じて
    トータルで承ります。

    資料請求・お問い合わせはこちら
    メールでお問い合わせ