新技術による廃棄物処理

無公害で低コストのリサイクル技術
熱分解により有機廃棄物のゴミを
パウダー状セラミックへ転換します。

あらゆる可燃性廃棄物をリサイクル可能なパウダー状セラミックへ

ERCMの特徴

低コスト

設備費や運転費・保守費などのコストを
低く抑えることが出来ます

ERCMは、熱分解炉・排気を常温冷却し「木酢液」を採取する冷却槽・微小タール分や匂い粒子等を取除く活性炭の槽よりなっております。中心となる熱分解炉は、上部に二重蓋の附いた有機物の投入口、底部にセラミックを採りだす装置のついた鉄の箱です。炉壁には、熱分解炉内の酸化還元電位を低減させる為のマイナスイオンの送入口を数段に設けてあります。

このように構造は至ってシンプルで耐熱部品は使用しておりません。これまでの焼却炉では、含水率の高い廃棄物はそのまま処理出来ず、予備乾燥や補助燃料が必要でした。また排ガス処理に必要な脱硝装置や薬剤の他、高温になる炉を冷す冷却水も必要で、稼働中は焼却炉を管理するスタッフも必要でした。

ERCMを導入すると、夜間の無人運転も可能で、これまでかかってきた乾燥・排ガス・冷却に伴う経費と人件費を大幅に削減できます。

高減容

あらゆる可燃性廃棄物を熱分解により
パウダー状セラミックに転換します

ERCMは、有機物を低酸素状態で加熱する熱分解により、容積が高い減容率で、パウダー状セラミックを生成します。

食品残渣・感染性処理物・使用済み紙おむつ・包装材などの樹脂・プラスチックなど様々な廃棄物を熱分解します。廃棄物を混載して投入できるので、分別や前処理は基本的に必要ありません。一日で処理出来るので施設内の衛生管理にも貢献します。

無公害

処理過程で環境汚染物質を
ほとんど出しません

ERCMは、騒音・振動を出さず、ダイオキシン類・塩化水素・窒素酸化物・煤塵などの環境汚染物質がほぼ出ないのが特徴です。廃棄物から出来上がったパウダー状セラミックの、炭素残留量はきわめて少なく、後処理なしに再利用が可能な素材として、さまざまな分野で活用できます。

ERCMの仕組み

ERCMで処理可能な廃棄物

一般廃棄物はもちろん、注射針や紙おむつなどの医療系廃棄物から、食品残渣・下水汚泥・糞尿などの高含水廃棄物、廃プラスチック、機密文書など有機物であればそのまま投入して頂けます。処理の過程で殺菌し匂いも全くなくなります。金属・ガラスなどは分解はされませんが、無菌化されてそのまま残ります。

様々な用途に使える
セラミックパウダー研究開発・医療介護・生産現場・食品衛生・土壌改良など

ERCM実証実験事例

これまで様々な有機物のゴミを実証実験してます。
導入前に「このゴミも処理可能か」実験もできますのでご相談ください。

ERCM説明ムービー

ERCMメディア掲載

サムネイルをクリックするとサブウインドウで
拡大された紙面が開きます。

さくら開発株式会社チラシ

ERCM(次世代型有機物減容装置)の事なら
正規販売店さくら開発株式会社へ
お任せください

さくら開発株式会社では、ERCM導入のご相談・
お見積り・施工・メンテナンス
修理に至るまで、お客様の要望に応じて
トータルで承ります。

資料請求・お問い合わせはこちら
メールでお問い合わせ